【固定?変動?】金利の仕組みについて分かりやすく解説します

政府による「マイナス金利」という政策が始まってから、今まで金融機関と関わりのなかった方でも、金利という言葉を良く耳にするようになったのではないでしょうか。
また、住宅ローンを組んだ経験のある方には聞き覚えのある言葉だと思います。

「金利」という言葉自体が、世間的にも広まってきている一方で、金利とは何か、変動金利と固定金利の違いは何かなど、実際に理解できている人は少ないです。

この記事では、金利の仕組み、固定金利と変動金利の違いについて、分かりやすく解説していきます。
住宅購入する際の事前知識として、参考にしてみてください。

金利とは

そもそも金利とはどういう意味なのか。
辞書にはこう書かれています。

【金利】…「貸金・預金に対する利子。利息。」「元金に対する利子の比率。利率。」
(引用:金利(きんり)の意味 – goo国語辞書)

簡単に「利子」と言った方がイメージしやすいですかね。
要するに、金利や利子や利息といった似た言葉は、お金を借りる手数料だと思ってもらって良いと思います。

たとえば、100万円を金利1%で借りた場合、101万円で返します。
これは100万円に対する1%(1万円)を利子としているわけです。

そして、金利には「固定金利」と「変動金利」があり、将来あなたが住宅ローンを組む時に選択することになります。
では、固定金利と変動金利とは何なのか。どのような違いがあるのかについて解説していきます。

固定金利とは

固定金利とは、借りた時から完済するまでずっと金利が一定になる金利形態です。

固定金利にもいくつか種類があり、住宅ローンの固定金利というのは金利を固定する期間を「3年」「5年」「10年」「全期間」の中から選択するというのが一般的です。

「全期間」以外を選択した場合は、その期間が終了するタイミングで「固定金利」にするか「変動金利」にするかを再度選択することとなります。

たとえば、住宅ローンを組んだ時に5年間の固定金利を選択していた場合、5年経過したときに3年固定にするか、もしくは変動金利にするかということを選択できます。

固定金利のメリット

・固定期間中の返済額が把握できる
・世の中の金利の変動を気にする必要がない
・安心感がある

固定金利のデメリット

・一般的に変動金利より金利が高い
・このまま日本が長いこと低金利なら返済額が変動金利より高くなる

固定金利は、安心感という点で変動金利よりも優れていると思われます。ただし、現状日本は超低金利時代の真っただ中ですので、ローン返済までの総借入額は固定金利の方が高くなります。それでも、子供の教育費が嵩むことも考えて住宅ローンの支払額があらかじめ分かっていた方が安心できる。という方は固定金利を選択すると良いでしょう。

変動金利とは

変動金利とは、ローンを組んでいる期間中一定周期で金利の見直しが行われ、金利が変わる可能性がある金利形態です。

一般的に住宅ローンにおいては、半年に1度金利の見直しが行われています。
ここで、半年に1度見直してるはずなのに自分の住宅ローンの金利は全然変わってないという方が多いと思います。

実は、ここに今の日本で変動金利が圧倒的に人気となっている理由があります。
そうです。日本の住宅ローン金利はほとんど変動していないのです。
おそらくここ20年ぐらいは動いてないのではないでしょうか。

元々、経済環境や金融情勢によってローン金利が変動する可能性があるから設定金利が固定金利よりも低く設定されています。
金利が変動する可能性があるという住宅ローン金利が変わっていないため、単に金利の低い変動金利で組んでおけば間違いない状況になってしまっているのもまた事実なのです。

変動金利のメリット

・金利が低い
・固定金利のように期間終了の度に手続きしなくて良い

変動金利のデメリット

・金利の未来は誰にも分からない
・いままで経験したことのない金利上昇もありえる

まとめ

変動金利は今の超低金利時代においては、金利が低くて素晴らしいですが、今まで誰も経験したことのないような金利上昇が起これば、「やっぱり固定金利にしておけば良かった」と後悔する日が来る可能性があるのもまた事実。

住宅ローンを組む時の金利設定は、家計がどのように変化していくか考え、良く家族で相談したうえで決定すると良いでしょう。

繰り返しになりますが、金利のことは誰にも分かりません。
金利が変動する不安を考えなくて良い「固定金利」にするか、まだ長年低金利が続くと考えて金利の低い「変動金利」にするか。

いずれにしても、人生で1番大きな買い物になるであろう住宅購入。
良く考えて、無理のない返済額となるようにちゃんと計画していきましょう。

最新情報をチェックしよう!
>Sharepro-シェアプロ-

Sharepro-シェアプロ-

①数多くの失敗の経験を”聞いて”学べる環境
②資金調達方法や資産管理 資産形成など 正しい金融知識を学べる環境
③税金関係や法律などこれから生きる上で 絶対に抑えておきたいポイントを学べる環境
④お金の作り方 生み出し方 稼ぎ方の視野を増やす 情報を収集できる学べる環境
⑤ストレスフリーに最高の人生を過ごすための メンタル管理術を学べる環境

シェアプロには以上の全てが詰まってます。

CTR IMG