取引所として注目されるDEXとは?従来の取引所と何が違う?

現在も仮想通貨取引所は多くの会社が運営していますが、最近注目されているのがDEXと呼ばれる形式の取引所です。これまでの取引所とは異なるような方針で取引ができる利点を持っていることから、最近では取引量が非常に多くなっています。

DEXとは?

DEXというのは、新しい仮想通貨取引所のことです。

従来までの仮想通貨取引所では、本人の身分を証明しなければなりません。また、資産管理や顧客の取引は取引所側が実施していました。しかし、DEXに変わることによって、ユーザー側が取引や資産管理を実施する形になります。

これまでの仮想通貨取引所に比べて取引がしやすいこと、そして取引を開始するまでの負担が小さくなっているなど、仮想通貨取引所としても期待されているのがDEXです。今後はこの形式による取引が増加する可能性も十分あります。

従来までの取引所はCEXと呼ばれる

現在利用されている大半の仮想通貨取引所は、CEXと呼ばれています。

CEXは仮想通貨取引に多く貢献していましたが、問題を起こしたことによって規制が厳しくなってしまい、取引前に本人確認書類等の確認が求められるようになりました。また、取引にかかる手数料が高くなっているため、ユーザー側が取引しづらいと感じる傾向もあります。

DEXのメリット

DEXのメリットは以下の通りです。

・本人確認をしなくても取引可能

・取引の手数料が一部免除される

・不特定多数のユーザーと取引可能

このようなメリットがあります。DEXの方が取引できるユーザーが増える可能性がある他、取引手数料が安くなる可能性もあります。

ここからは、DEXのメリットについて詳しく説明します。

本人確認をしなくても取引可能

DEXのメリットは、本人確認書類を提出する必要がない点です。

従来までのCEXでは、本人確認書類を提出しなければアカウントが作成できなくなっています。本人確認が取れないユーザーについては、信頼できる取引が実施できないと判断されているためです。

しかし、DEXの場合は本人確認書類を提出する必要がありません。ユーザーはアカウントを自由に作成して取引できる利点があります。

取引の手数料が一部免除される

DEXの取引では、手数料の一部が免除されるため、取引手数料を削減できるメリットがあります。

Maker取引に関してのみ、DEXは取引手数料がかかりません。Makerであれば取引手数料を大幅に削減できるメリットを得られることから、CEXよりも取引しやすい環境が作られるでしょう。

不特定多数のユーザーと取引可能

DEXを利用することで、不特定多数のユーザーと取引できる状態を作れます。

CEXの場合はプロバイダーが取引対象となりますが、DEXの場合は不特定多数のユーザーに対して取引が可能となっています。取引できる範囲が拡大することにより、ユーザーの希望通りの取引が期待できるようになります。

DEXのデメリット

DEXのデメリットとして、仮想通貨の販売は行っていない点があります。

CEXは仮想通貨取引所の中で仮想通貨を購入できるシステムが採用されていますが、DEXはユーザー間の取引は可能としているものの、仮想通貨を販売する機能は搭載されていません。つまり仮想通貨を購入する場合は、CEXを活用して入出する必要があります。

この他、取引量が少ないことから、なかなか仮想通貨の買い手がつかないというデメリットもあります。

まとめ

仮想通貨取引所として従来まで利用されていたCEXに比べ、DEXは今後の仮想通貨取引に期待できる部分が多くあります。特にユーザーとの直接取引によって、これまでできなかったレートでの仮想通貨取引が期待できるようになります。

ただ、DEXは取引所が多く開設されていることを踏まえ、しっかり内部の情報を確認する必要があります。詳細を知ってから取引を実施するようにしましょう。

最新情報をチェックしよう!
>Sharepro-シェアプロ-

Sharepro-シェアプロ-

①数多くの失敗の経験を”聞いて”学べる環境
②資金調達方法や資産管理 資産形成など 正しい金融知識を学べる環境
③税金関係や法律などこれから生きる上で 絶対に抑えておきたいポイントを学べる環境
④お金の作り方 生み出し方 稼ぎ方の視野を増やす 情報を収集できる学べる環境
⑤ストレスフリーに最高の人生を過ごすための メンタル管理術を学べる環境

シェアプロには以上の全てが詰まってます。

CTR IMG