仮想通貨を利用して利益を出すステーキングとは?どうすれば利益が出る?

仮想通貨を持っているだけではなかなか利益は出てきません。仮想通貨のレートが変われば利益を出すことは可能ですが、他の方法で利益を出せれば更に収益性がアップします。

最近期待されているのがステーキングと呼ばれる方法で、導入していけば収入面でのさらなる期待が持てるようになります。

ステーキングとは?

ステーキングとは、対象となる仮想通貨を保有することにより、収益を得られる手法です。

ステーキングを利用する場合は、対象となる仮想通貨を保有しなければなりません。仮想通貨取引所では、ステーキングの対象通貨を取り上げていますので、その情報を見てから最終的にステーキングを利用するか決定するといいでしょう。

後はステーキングの対象となる仮想通貨を保有し続けることにより、収益を得るだけです。持っているだけで利益が得られるため、仮想通貨のレートがなかなか変動せずに利益が出ない状況でも収益を獲得できる可能性があります。

なお、対象となる仮想通貨はマイナーなものも含まれるため、事前にどの仮想通貨が対象となっているか調べる必要があります。

ステーキングの仕組み

ステーキングは対象となる仮想通貨を保有して、ブロックチェーンのネットワークに参加することで利益を獲得する仕組みとなります。

仮想通貨のブロックチェーンでは、仮想通貨を運用して収益を上げられる仕組みが作られており、ユーザーは保有しているだけで利益を獲得できます。ブロックチェーンのネットワークに参加できればそれでいいため、持っている以外に必要な行為はありません。

ブロックチェーンでは多くの収益を得られるように仮想通貨の運用が行われているため、将来的にはユーザー側に一定の利益としてステーキング報酬が支払われることとなります。

ステーキングのメリット

ステーキングのメリットは以下の通りです。

・保有しているだけで利益が得られる

・保有する数量に制限なし

・申込手続きの必要なし

このようなメリットを持っています。

ステーキング最大のメリットは、仮想通貨を保有しているだけで利益が得られる点です。FXのスワップポイントに近い仕組みで利益を上げられるものですが、ステーキングの場合は基本的に損失が発生しないように作られるため、ほぼ利益を獲得できる利点があります。

また、ステーキングへ参加する際の申込は必要ありません。取引数量についても無制限で実施できるため、大量に保有して利益を上げるという方法も可能です。対象の仮想通貨を大量に保有できるようなら、ステーキングを検討するといいでしょう。

ステーキングのデメリット

一方でステーキングにはデメリットもあります。

・対象の仮想通貨はマイナー

・固定報酬ではない

これらのデメリットはしっかり把握したほうがいいでしょう。

対象の仮想通貨はマイナーなものが多くなっており、知られている銘柄はあまり含まれていません。知名度のない仮想通貨を取引するリスクもあるため、取引を検討している人は慎重に仮想通貨を調べてから対応したほうがいいでしょう。

また、ステーキング報酬は固定されておらず、年間で最大6%程度の報酬を支払うというものです。保有する仮想通貨によっては、半分の3%しか利益を得られない場合もあります。より多くの利益を獲得する場合は、ステーキングで保有する仮想通貨を理解する必要もあります。

まとめ

ステーキングは新しい仮想通貨報酬の仕組みとなります。これまでは仮想通貨をレート変動によって売買していく手法が主体でしたが、ステーキングの登場によって保有しているだけで利益を上げられる仕組みが作られ、ユーザーに新しい取引方法を実現しました。

ステーキングは手軽に収益に繋げられる可能性もありますが、利用する前にメリットとデメリットをしっかり確認し、安心して取引できる状態を作ってから仮想通貨保有を実施しましょう。

最新情報をチェックしよう!
>Sharepro-シェアプロ-

Sharepro-シェアプロ-

①数多くの失敗の経験を”聞いて”学べる環境
②資金調達方法や資産管理 資産形成など 正しい金融知識を学べる環境
③税金関係や法律などこれから生きる上で 絶対に抑えておきたいポイントを学べる環境
④お金の作り方 生み出し方 稼ぎ方の視野を増やす 情報を収集できる学べる環境
⑤ストレスフリーに最高の人生を過ごすための メンタル管理術を学べる環境

シェアプロには以上の全てが詰まってます。

CTR IMG