仮想通貨取引ができるスシスワップ!できる取引や注意点を解説

仮想通貨取引が可能となっているスシスワップ。仮想通貨を交換できる他、新しいトークンを購入して利用できるといったメリットを持っています。ただ、利用する際は複雑な仕組みを理解しなければならないので注意しましょう。

この記事では、仮想通貨取引ができるスシスワップについて説明します。また、利用する際の注意点についても解説します。

スシスワップとは?

スシスワップは仮想通貨を交換できる場所です。本来仮想通貨というのは、審査を受けて上場するか決めるのですが、スシスワップでは何の審査もなく上場できます。つまり全ての仮想通貨が上場可能となっているのです。

スシスワップは、他のプラットフォームを盗作しないような形で登場しました。ただ、審査がなく仮想通貨を何でも交換できる点、そしてスシスワップの流動性を加速させてくれるユーザーについては、SUSHIと呼ばれる独自のトークンを提供していました。このSUSHIもそれなりの価値を持った仮想通貨です。

こうして多くのユーザーを優遇するような形でスシスワップは一気に勢いを加速させました。同時に他のプラットフォームとの差別化を図るようになり、独自のシステムも導入されました。一方で似たようなサイトという指摘は現在でも受け続けており、今後はどうなるか注目されています。

スシスワップでできること

スシスワップでできることですが、基本的に以下の内容が可能となっています。

・仮想通貨を上場して交換

・ブロックチェーン上で発行されたトークンの交換

・SUSHIトークンの配布

このような行為が可能となっています。ただ、1人の利用者ができることはそこまで多くないため、他の利用者が出てくれないと十分に利用できない取引所でもあります。

仮想通貨の交換が主体となっているスシスワップですが、独自のトークンであるSUSHIを獲得するために利用している人もいます。SUSHIは将来的に値段が上る可能性もあるなど、新しい仮想通貨としての期待もあります。

スシスワップを利用するための方法

スシスワップを利用するためには、MetaMaskをインストールしなければなりません。MetaMaskが存在しない場合、スシスワップは動作しないように作られています。まずはMetaMaskをパソコンにインストールしてください。

次にスシスワップにアクセスし、MetaMaskと同期させます。同期されればスシスワップが使えるようになりますので、後は取引を進めるだけです。配布されている仮想通貨の交換や仮想通貨を預けることによって収益を得るなど、様々な活動で仮想通貨を有効に使いましょう。

スシスワップを利用する際の注意点

スシスワップはユーザーによって管理されている場です。実はスシスワップでは、ユーザーにガバナンスの構築が求められており、ユーザー間で意見交換をしてサイトをいいものに変えています。このガバナンスが変更されたことで、ユーザーが使いづらい規制が導入される可能性もあります。

ガバナンスについては、ユーザーが意見できるようにしていますので、何か気になる所があれば意見しても構いません。ただ、英語ができないとそもそも利用するのが難しいこと、他に賛同してくれる人がいなければガバナンスの変更は難しい点に注意してください。

また、スシスワップは色々な仮想通貨が導入可能となっており、中には全く知らないようなものも導入されます。あまり知名度のない仮想通貨には手を出さないほうがいいでしょう。購入してから価値がないことに気づき、保有するメリットが得られなくなります。

まとめ

スシスワップは取引所としては突然登場したものですが、色々なシステムを組み合わせることでユーザーを増やし続けています。今後も仮想通貨の分散型取引所として期待されますが、利用する際はユーザーができることをしっかり意識するようにしましょう。

最新情報をチェックしよう!
>Sharepro-シェアプロ-

Sharepro-シェアプロ-

①数多くの失敗の経験を”聞いて”学べる環境
②資金調達方法や資産管理 資産形成など 正しい金融知識を学べる環境
③税金関係や法律などこれから生きる上で 絶対に抑えておきたいポイントを学べる環境
④お金の作り方 生み出し方 稼ぎ方の視野を増やす 情報を収集できる学べる環境
⑤ストレスフリーに最高の人生を過ごすための メンタル管理術を学べる環境

シェアプロには以上の全てが詰まってます。

CTR IMG