持っている仮想通貨で利益を出すレンディングとは?実施するための手続きは?

仮想通貨による新しい収益獲得の方法としてレンディングがあります。レンディングを実施することにより、これまで保有している仮想通貨を別のユーザーに貸して利益を得られます。ただ保有しているだけの仮想通貨が大きな収益獲得のチャンスとなります。

レンディングとは?

レンディングとは仮想通貨を貸し出すことで収益を得る方法です。

従来までの仮想通貨取引では、ユーザーに仮想通貨を貸し出して収益を得る方法が用意されていません。そのため保有している仮想通貨を利用して利益を出すためには、売買によって収益を獲得していく以外の手法はなかったのです。

しかし、レンディングが可能となったことで、仮想通貨を別のユーザーに貸し出して収益を得られるようになりました。仮想通貨を希望しているユーザーに貸し出し、利息収入を獲得することで収益を増やしていく仕組みが可能となったのです。

これまでの仮想通貨取引を大幅に変えてくれるメリットを持っている他、保有している仮想通貨を売却したくないと思っているユーザーが、すぐにでも始められる仮想通貨取引として期待されています。

レンディングの仕組み

レンディングは仮想通貨を保有している人が取引所側に貸し出しの依頼を出します。取引所は仮想通貨を借りたいと考えているユーザーに対して情報を提供し、借りたいと考えているユーザーが出てくれれば速やかに仮想通貨貸し出しを実施します。

借りたユーザーは、仮想通貨の返却と同時に利息の支払いが必要となります。利息の支払いにより、仮想通貨を貸し出したユーザーは利息収入が得られるようになります。これを続けることで多くの収益を得られるようになります。

レンディングのメリット

レンディングのメリットは以下の通りです。

・保有している仮想通貨を収益に変えられる

・レンディングの年率が高い

・持ち逃げされるリスクはない

これらのメリットがあります。

仮想通貨を保有しているだけでは利益を得られない状況を変えられるのがレンディングです。保有している仮想通貨を貸し出すことで、簡単に利息収入を得られるようになります。比較的多くのユーザーがレンディングを希望していることから、保有している仮想通貨を貸し出すのは容易です。

また、レンディングについては銀行よりも高い金利が適用されていることもあり、利息を得られやすいメリットを持っています。銀行が0.001%程度の利息しか提供していませんが、レンディングであれば最大5%程度の利息が支払われます。

他にも仮想通貨取引所との間で契約を結んでくれることもあり、レンディング中に仮想通貨を持ち逃げされるリスクはありません。安心して仮想通貨を貸し出せる体制が整えられています。

レンディングのデメリット

一方でレンディングはデメリットもあります。

・取引所倒産のリスクがある

・価格変動によって損失が発生する恐れもある

仮想通貨取引所は安定した運営を心がけていますが、何らかの原因によりサービスの維持が不可能になってしまうと閉鎖されます。閉鎖されると仮想通貨の返却ができない可能性があるため、貸した仮想通貨が返ってこない問題が発生します。

また、レンディング中に仮想通貨の変動が起きてしまう場合、損失は仮想通貨を貸している側の負担となります。貸している仮想通貨が大きな損失を出していると、レンディングの利益を失う可能性があります。

まとめ

レンディングは仮想通貨を貸し出して利益を上げるという手法で、仮想通貨取引では今後利用される可能性が高くなっています。気軽に利益を確保できること、そして仮想通貨を売却しなくても利益に変えられる点は魅力的な部分でしょう。

ただ、レンディングを利用するする場合は、仮想通貨取引所のルールに従わなければなりません。必ずルールを読んでからレンディングの手続きを進めてください。

最新情報をチェックしよう!
>Sharepro-シェアプロ-

Sharepro-シェアプロ-

①数多くの失敗の経験を”聞いて”学べる環境
②資金調達方法や資産管理 資産形成など 正しい金融知識を学べる環境
③税金関係や法律などこれから生きる上で 絶対に抑えておきたいポイントを学べる環境
④お金の作り方 生み出し方 稼ぎ方の視野を増やす 情報を収集できる学べる環境
⑤ストレスフリーに最高の人生を過ごすための メンタル管理術を学べる環境

シェアプロには以上の全てが詰まってます。

CTR IMG