投資用不動産をローンで購入する時のポイント!無理なく不動産投資を始めよう

不動産投資を始める際には投資用不動産を購入する必要性がありますが、投資用不動産を一括で購入できる人はほとんどいないので、ほとんどの人はローンを組んで不動産投資を始めることになります。銀行から融資を受けてローンを組むことにより、月々の家賃収入などから返済することになるでしょう。

ただし、ローンの組み方には様々な方法があるだけでなく、審査に通らなければローンを組むことができません。不動産投資を行う際にローンを組む場合、どのくらいの期間で完済できるのかシミュレーションを行う必要性もあります。

それでは、不動産投資におけるローンの組み方やメリット、デメリットなどをご説明しましょう。

ローンを組んで不動産投資を始めるメリットとデメリット

ローンを組んで不動産投資を始める前に、どんなメリットやデメリットがあるのか知る必要性があります。不動産投資は実質的に誰でも始められる画期的な投資方法であり、最もホットな事業です。ただ、メリットばかりではなくデメリットもあるので、失敗しないためにもローンを組んで不動産投資を始める前にメリットやデメリットを知っておきましょう。

それでは、ローンを組んで不動産投資を始めるメリットやデメリットをご説明しましょう。

メリット1:自己資金が少なくても不動産投資が始められる

基本的に投資用不動産は高額なので、購入資金を貯めるまでしばらく待たなければならないと思う人もいるでしょう。しかし、ローンを組んで不動産投資を始める場合、自己資金が少なくても不動産投資が始められるのが大きなメリットです。

ローンを組むということは月々の返済を行うことになりますが、少ない自己資金で不動産投資が始められる上に、利回りも非常に高いので早いうちから高額な家賃収入が得られるでしょう。

メリット2:すぐに不動産投資が始められる

ローンを組んで不動産投資を始められるということは、つまり不動産投資を行うのに必要な投資用不動産の購入費用の融資が受けられることでもあります。高い不動産物件の購入資金が貯まるまで何年も待つ必要性があるのかと思いきや、ローンを組めばすぐに不動産投資が始められます。

ローンは頭金が貯まっていなくても購入資金が少なくても不動産投資を始める効率的な手段なので、今すぐに買わないと絶対に損すると思ったらローンを組んで不動産投資を始めるのがおすすめです。年収が少ないサラリーマンでも不動産投資ができる理由の一つでもあるため、ローンを有効活用すれば早い段階から家賃収入が得られるようになるでしょう。

デメリット1:ローンの返済期間が長くなる

ローンを組めばすぐに不動産投資が始められるのは大きなメリットではありますが、自己資金が少ない場合はローンの返済期間が長くなります。自己資金が少ない分だけ全てのローンを完済するための期間が上限いっぱいになる可能性が高く、購入する物件の購入金額が高いほど月々の返済額も高くなります。

特に不動産投資を行う上で最も避けたいのは空室リスクです。空室が増えるほど月々の家賃収入が減ってしまうので、その分返済が苦しくなってしまうでしょう。返済が苦しくなる分だけ自分の貯金を切り崩す必要性も出てくるため、どんどんローンの返済が苦しくなりかねません。

ローンを組んで不動産投資を始めるなら、しっかりとしたリスクヘッジを行うことが大切です。

デメリット2:変動金利型にすると月々のローン返済額が上がる可能性がある

不動産投資を始める際にローンを組むのであれば、変動金利型に注意しましょう。固定金利型の場合だと、完済まで金利が変動することがないのでローンの返済計画が立てやすいです。しかし、変動金利型の場合、もし金利が1%でも上がってしまうと月々のローン返済額が上がってしまうデメリットが発生します。

変動金利型は金利が下がる可能性があるので少なからずデメリットばかりではありませんが、必ず下がるとも限らないので金利が上がってもいいように無理のない返済計画を立てる必要性があるでしょう。特に元々少ない自己資金でローンを組んでいる人や、ギリギリの返済計画を立てている人ほど窮地に陥りやすいので注意が必要です。

何よりもローンを組んで不動産投資を始めるなら、必ず無理のない返済計画を立てることを最優先しましょう。

審査に通過するためのポイント

不動産投資ローンを利用するなら、とにもかくにも審査に通過しなければ不動産投資を始めることができません。返済能力がない人に融資してくれるはずがないので、物件の収益性と共に返済能力があることをアピールするのが重要です。

それでは、不動産投資ローンの審査に通過するためのポイントについてご説明しましょう。

貯金がどれくらいあるかどうか

審査に通る上で基本でありながら最も重要なのは、審査を受ける人にどれくらいの貯金があるかどうかです。それ以外にも年収や自己資金、勤務先などの情報も大事ですが、多額の融資を行うのですから貯金がどれくらいあるのかはかなり重要です。

頭金はもちろん貯金額が多いほど返済できなくなるリスクが少なくなるので、たとえ自己資金や購入資金が少なくても不動産投資が始められるといってもお金を多く用意しておくに越したことはありません。特に貯金額は他の条件を満たしていなくても融資が受けられる可能性があるとされているので、できる限り貯金しておきましょう。

物件の収益性

銀行から融資を受ける場合、次に重要になるのは物件の収益性です。銀行側はもしもローンが返済できなくなった時のために担保として投資用不動産に抵当権を付けます。この時、実質利回りを元に評価した上で物件の収益性が高いことが分かれば審査に通過しやすくなるでしょう。

収益性が高ければ高いほど月々の返済がスムーズにやりやすくなりますし、評価が高い分だけ融資額や金利なども交渉しやすくなります。不動産投資において返済が滞ることは避けたいので、月々の返済額や金利などを可能な限り低くできれば無理のない返済計画が立てられるでしょう。

年収の高さ

基本的に融資を受ける際は年収が高いほど有利になります。

年収が高ければ物件の収益性が多少低くても、個人の返済能力が高いということで評価してもらえますよ。住宅ローンの場合は個人の返済能力のみで評価されるので、それと比べれば物件の収益性と個人の返済能力を合わせた上で評価してもらえます。

個人の返済能力か物件の収益性のどちらかが低くても、もう片方でカバーできるのは不動産投資ローンの強みだと言えるでしょう。

まとめ

不動産投資において、ローンを組む時には様々なメリットやデメリットがあることを覚えておきましょう。不動産投資ローンは購入資金や自己資金が少なくても融資が受けられることで有名ですが、その分返済期間や月々の返済額に注意する必要性があります。

ローンを活用するなら、その分投資用不動産の選び方に十分注意しましょう。新築や中古物件など、購入する物件によって月々の返済にも左右されるため、心して不動産投資に取り掛かるのがおすすめです。

最新情報をチェックしよう!
>Sharepro-シェアプロ-

Sharepro-シェアプロ-

①数多くの失敗の経験を”聞いて”学べる環境
②資金調達方法や資産管理 資産形成など 正しい金融知識を学べる環境
③税金関係や法律などこれから生きる上で 絶対に抑えておきたいポイントを学べる環境
④お金の作り方 生み出し方 稼ぎ方の視野を増やす 情報を収集できる学べる環境
⑤ストレスフリーに最高の人生を過ごすための メンタル管理術を学べる環境

シェアプロには以上の全てが詰まってます。

CTR IMG