マイナス金利政策の影響と今後について

マイナス金利政策とは

マイナス金利政策とは、金融機関が日銀に預けている預金金利をマイナスにする政策のことです。

各金融機関は、日銀にお金を預けて利息をもらっています。マイナス金利政策によって預ける金利がマイナスになれば、日銀にお金を預けたら利息を取られるようになってしまいます。預けたら利息が取られてしまうなら、預ける予定だった資金を企業に貸し出したり、投資したりするようになるわけです。

マイナス金利政策とは、銀行が持っているお金を実経済に回すことによって経済活性化とデフレ脱却を狙う政策です。ですので「マイナス金利」だからといって住宅ローンや個人ローンの金利が下がるわけではなくて、直接的に影響を受けるのは金融機関だけなんです。

マイナス金利政策の影響

とはいえ、間接的には個人やその他の業界にも影響を与えています。デフレ脱却となれば物価が上がるでしょう。経済活動が活性化されることでお給料も上がるでしょう。ここからは、間接的に影響を受ける一例を紹介します。

個人

実際マイナス金利政策によって、銀行のお金が市場に回るようになったのか。答えはNOですね。日銀の狙いでは、マイナス金利政策により景気を刺激し物価上昇率を2%にすることでした。

マイナス金利政策によって物価が上昇していたら個人の家計に影響したかもしれませんが、今のところ個人に対して特段の影響はなさそうですね。

金融機関

言わずもがなですが、金融機関にとって「マイナス金利政策」は衝撃でした。日銀への預金を減らす代わりに企業に対して貸し出しを行うようになったことで、金融機関同士の「金利競争」がさらに激化しました。

金利競争になれば資金豊富な金融機関が圧倒的優位になるので、地方銀行はメガバンクと呼ばれる「三菱UFJ銀行」「みずほ銀行」「三井住友銀行」の大手銀行に太刀打ちできなくなってしまいました。

そして今流行りなのが、資金力や情報力などの強化するための合併や資本提携などです。合併する銀行は今後も増えていくと予想されていて、日本の銀行の数はかなり減ることになるでしょう。

不動産業

マイナス金利政策の導入によって金融機関が悪い影響を受ける一方で、良い影響を受けた業界もあります。それが不動産業です。

マイナス金利政策によって金融機関同士の「金利競争」が激化したことによって、貸し出し金利は下がりました。住宅ローン金利が下がったため不動産購入を考える人が増加し、結果として不動産業は総じて好調となりました。

影響は不動産業界で働く従業員の給料にも現れています。不動産業界で営業職として勤務している人は、歩合制の給料体系が多いので、お客さんに不動産購入をしてもらえればしてもらえるほど自身の給料が上がります。20代で年収1,000万円を超える人もゴロゴロ出てきていて、その好調ぶりがうかがえますね。

マイナス金利政策の効果

マイナス金利政策によって、悪い影響を受けたのは金融機関ぐらいで、借入金の金利が下がったという面から、ほとんどの業界は良い影響を受けています。

今まで入社できれば安泰とされていた金融機関も、危機感を感じ知恵を出し合い、貸出金利息以外の利益を生み出せるように努力をしています。マイナス金利政策によって日本の金融機関は良い方向へ舵を切れました。マイナス金利政策は一概に悪いものではなかったと言えます。

マイナス金利政策の今後

とはいえ、このまま長期間にわたってマイナス金利政策が継続されれば金融機関の経営も相当苦しいものになってきます。新型コロナウイルスも猛威を振るい続ける中、マイナス金利政策の今後について考えてみたいと思います。

結論から言うと、マイナス金利政策はまだしばらく継続されると思います。少なくとも現日銀総裁である黒田東彦氏が任期満了となる2023年4月までは続くでしょう。

「物価上昇率2%」という目標もコロナウイルスの影響で逆風が強く、2020年最も上昇率の高かった1月でも「物価上昇率0.8%」と、目標に到底届かない結果となっています。また、開催することで莫大な経済効果をもたらすはずのオリンピックも、海外からの観客を入れないことから経済効果に期待できなくなってしまいました。こうした点から今後もマイナス金利政策は継続されると思います。

一体いつまで続くのか。
おそらく、日銀の政策が方向転換するまではマイナス金利政策が終わることはないでしょう。目標として掲げている「物価上昇率2%」を達成することはほぼ不可能でしょうし、日銀の総裁が変わったとしても、政策の方向転換をしなければ次の総裁の任期まで続くでしょう。

いずれにしても新型コロナウイルスが収束し、通常の経済活動が復活してからでないと期待すらできないのが現状です。まさに日本起業が高度経済成長期の時のよう、奮起して経済を潤していくしかないのです。世界経済において行かれないように私たち自身も気張っていく必要があるでしょう。

「マイナス金利政策解除」=「日本経済は好調」です。

一丸となってやっていきましょう。

最新情報をチェックしよう!
>Sharepro-シェアプロ-

Sharepro-シェアプロ-

①数多くの失敗の経験を”聞いて”学べる環境
②資金調達方法や資産管理 資産形成など 正しい金融知識を学べる環境
③税金関係や法律などこれから生きる上で 絶対に抑えておきたいポイントを学べる環境
④お金の作り方 生み出し方 稼ぎ方の視野を増やす 情報を収集できる学べる環境
⑤ストレスフリーに最高の人生を過ごすための メンタル管理術を学べる環境

シェアプロには以上の全てが詰まってます。

CTR IMG