中古住宅購入+リノベーションのメリットと注意点

初めに 

空き家増加などの社会問題を背景に、中古住宅流通市場やリフォーム市場の規模は徐々に拡大しています。その影響からか新築信仰が根強かった昔に比べて、中古住宅を選びリノベーションする人が増えてきました。中古住宅の中には低価格ながら優れた品質を維持している物件やリノベーションで資産価値を大きく高めた物件も多数存在します。一方で中古住宅のリノベーションには様々なリスクが発生する恐れがあり、事前の備えが必要です。今回は中古住宅のリノベーションのメリットと注意点を詳しく解説していきます。

中古住宅購入+リノベーションのメリット

1.物件購入費用を抑えることができる

新築住宅に比べて低価格で購入できるのが中古住宅の大きな魅力です。

新築住宅の価格には、モデルルームや広告費用などが上乗せされるので高値になりやすい傾向があります。中古住宅ではそのような費用を削れるため、リノベーションの工事費用を含めても新築住宅より安く抑えられることが多いのです。

2.物件の選択肢が広がる

中古住宅も視野に入れると、物件の選択肢は広がります。

更地が残る場所のみ新築住宅を建てられるので、人気が高いエリアで新築住宅が売り出されることはとても稀です。もし売り出されたとしても需要が集中し価格が跳ね上がりやすいでしょう。それよりも人気エリアの中古住宅を狙う方が、幅広い物件の中から選択できます。

3.自由度が高い

新築の建売住宅では間取りや設備などの変更は難しいですが、中古住宅をリノベーションする方法であれば、自分が使いやすいように空間を一新できます。もちろんリノベーションにも一定の成約があるものの、建売住宅を比較すると自由度が高いと言えるでしょう。

中古住宅購入+リノベーションの注意点

1.工事費が変動しやすい

多くのリノベーション工事では床や壁を解体して普段見えていない部分にも手を加えます。その際、床下が予想以上に腐敗していたり、配管の劣化が激しく全交換しなければならなかったりと予期せぬ不具合が見つかることは珍しくありません。そのため設計から竣工までの間、追加修繕工事による工事費の増額を想定しておく必要があります。予算にはある程度余裕をもって工事に臨む方が安心です。

2.耐震性が低い恐れがある

築古の住宅は、十分な耐震性能が確保されていない恐れがあります。

特に旧耐震基準と新耐震基準の建物では、その強度に大きな差があります。旧耐震基準の建物で一定規模の増改築工事を行う場合は、耐震補強工事が必要になり多額の費用がかかる可能性も。早めの段階で住宅の築年数や耐震基準を確認することはもちろん、耐震等級の認定を受けているかも確認しましょう。現状の耐震性能を正確に掴みたい場合は、建築士やホームインスペクターなどの専門家による建物診断を受けることも有効です。

3.入居までに時間がかかる

リノベーション工事を施す場合は長い期間入居を待たなければなりません。

工事規模にもよりますが、物件購入・設計・施工まで、およそ3~6ヶ月程度かかることが多いようです。場合によっては一時的な仮住まいを探す必要も出てきます。また予期せぬ追加工事などが発生した場合は、更に工期が伸びる可能性も。そのため入居を急ぐ場合はあまりおすすめできません。

4.管理規約に制限を受ける恐れがある(中古マンションの場合)

中古マンションをリノベーションする際は、たとえ専有部のみの工事でも管理組合の事前許可が必須です。

さらにマンションの管理規約によって、材質や色、デザインなど様々な制限を受ける恐れがあります。思い描いていたリノベーションが実現できないこともあるので、管理規約には必ず目を通しておきましょう。

まとめ

ここまで中古マンション購入+リノベーションのメリットと注意点を解説してきました。あらかじめ躓きやすい点を想定しておけば、多角的な視点で物件の良し悪しを判断できるはずです。メリットと注意点のバランスを見極めて、理想の住まいを賢く手に入れてくださいね。

最新情報をチェックしよう!
>Sharepro-シェアプロ-

Sharepro-シェアプロ-

①数多くの失敗の経験を”聞いて”学べる環境
②資金調達方法や資産管理 資産形成など 正しい金融知識を学べる環境
③税金関係や法律などこれから生きる上で 絶対に抑えておきたいポイントを学べる環境
④お金の作り方 生み出し方 稼ぎ方の視野を増やす 情報を収集できる学べる環境
⑤ストレスフリーに最高の人生を過ごすための メンタル管理術を学べる環境

シェアプロには以上の全てが詰まってます。

CTR IMG