日本電子は電子顕微鏡世界シェア首位で連続増収増益中の魅力ある企業

日本電子の超高性能電子顕微鏡のシェアは世界トップです。

電子顕微鏡にも色々な種類が有りますが、製品によっては世界のシェアの7割にも達しています。

言わば、この会社が無ければ仕事が出来ないという会社が世界中に沢山有るといった状態になっています。

従がって、世界中の研究機関や大学で使用されている電子顕微鏡の大半は、調べてみると同社が製造していたという訳です。

その用途は多岐に渡りますが、例えば微細生物電子顕微鏡を用いることで、普通の光学

顕微鏡では見られない細胞中の微細な構造を明確に検視する事が可能です。

特にこれから伸びて行くだろうと思われている同社の製品に、半導体シリコンウエハァに回路を書き込むマルチビーム照射装置というものが有ります。

この装置は従来の回路の描画装置はシングルビーム装置と言って、1本1本の回路をウェハー上に書いていたのですが、日本電子の装置は何と26万本の回路が書けるものなのです。

従がって、この装置は大規模で非常に高価なものなのですが、その販売実績も昨年度は12台と前期の9台から確実に納入実績を伸ばしております。

また、筆頭株主はニコンであり、電子顕微鏡の分野では、長年培って来たカメラの総合技術を生かして共同開発をしている点でも有望な企業だと言えます。

今後の展開として注目されている分野は宇宙探査の可能性であり、宇宙探査ロケット『はやぶさ』が持ち帰った小惑星の微粒子の解析作業にも同社の電子顕微鏡が使われました。

現在、月面探査機や火星探査機が世界中で争うように打ち上げられていますが、その探査過程でも同社の電子顕微鏡がなければ出来ないものであり、唯一無二の技術を持っている会社なのです。

特に、最先端のクライオ顕微鏡は日本政府の補助を受けて、何と国内補正予算に組み入れられての開発が行われち上で、欧州の製薬大手に納入されたという実績もあります。

生体分子の立体構造の情報は、生命科学分野や医療機器分野、また新薬の開発製造研究分野の置いても大変貴重な基盤となる基礎研究情報です。

ここ数年は同社が新たに開発したクライオ電子顕微鏡法の技術革新が、生体分子の立体行動を可視化した構造解析手法の基盤技術としてその確固たる地位を確立しています。

極めて微量の水溶液試料のみで、原子レベル分解能力を発揮できる構造解析の手法として注目を浴びております。

また、新たに開発した長寿命3Dプリンターは航空機のブレード向け、医療機器製作の分野で海外販路を開拓すべく、堀場製作所と富士フイルムで多角提携をして研究をしています。

同社のセグメント別の売上高は、理科学・計測機器64%、産業機器22%、医用機器14%となっており、その内の海外での売り上げは63%となっています。 

また、業績的には、22年3月期、23年3月期と過去最高益を更新し続けていく予想です。

そして、今後の宇宙探査や新薬開発、遺伝子組み換え、半導体製造の最先端の分野での成長性がグロース企業として、PER47倍という割高水準にまで株価を押し上げている様です。

また、自己資本比率は34.8%と財務体質が健全とされる40%を若干下回っておりますが、ROEが12.55と高く資本効率の良い収益性の高い企業だとも言えます。

株価は、日本電子でしかできない電子顕微鏡等の技術を高く評価している最中と思われ、年初より一貫した上昇トレンドを形成しており、現在は浅い押し目を作っている状態です。

昨年の6月からは倍以上の株価となっていますが、3月19日3850円から4月26日6440円まで窓を開けながら急上昇した後、5月19日には5050円まで売られております。

そして、その後切り返しに転じて6月23日には上場来高値の6770円を付けております。

現在の株価は一目均衡表の転換線を少し下回った位置に有り、MACDも下向きにクロスしており、短い下降トレンド入りをしている様に見えます。

ボリンジャーバンドでも+1σを少し割り込んだ位置に有りますが、過去のチャートでもー1σが抵抗ラインとして機能しており、6000円を割れるまで下げるかも知れません。

株価が6000円を割れない可能性の方か高いとは思いますが、そのような押し目が、例えば雇用統計の発表された後の来週の相場で有れば、積極的に買いたい銘柄だと思います。

とにかく、これからの例えば数千種類もあると言われているガンの治療薬の開発や、遺伝子組み換えによる動植物の研究、宇宙開発分野での微粒子の解析など応用分野は無限です。

そう考えれば、PER47倍は決して高くは無く、中長期的には株価の位置は大きく変わって上方向に向いて上昇していくものと予想致します。

最新情報をチェックしよう!
>Sharepro-シェアプロ-

Sharepro-シェアプロ-

①数多くの失敗の経験を”聞いて”学べる環境
②資金調達方法や資産管理 資産形成など 正しい金融知識を学べる環境
③税金関係や法律などこれから生きる上で 絶対に抑えておきたいポイントを学べる環境
④お金の作り方 生み出し方 稼ぎ方の視野を増やす 情報を収集できる学べる環境
⑤ストレスフリーに最高の人生を過ごすための メンタル管理術を学べる環境

シェアプロには以上の全てが詰まってます。

CTR IMG