シンクレイヤはデータ通信に関わる急成長企業で投資妙味大

今回紹介するシンクレイヤは、テレビ放送とデータ通信の先駆者として、その実績と経験値基に、ソリューションプロバイダとして最適なネットワークを総合的に提供しています。2003年にJQ市場に上場し、CATV事業者向けのシステム構築や、インターネットサービスを展開した後に無線通信事業に参入しています。

急速進化しているデータ通信システムに市場に対応して、4K8Kテレビの高度デジタル放送システム、地域防災告知放送システムやWi-Fi無線ネットワークなどの通信分野全般に対応したサービスを提供しています。

その代表的なサービスの内訳を以下に簡単に紹介致します。

  • 統合管理システム SIMS-6300

既存の様々な異なった管理システムを一元化して連携させることで、業務の効率が大幅に改善する画期的なシステムで、新規加入やサービスプランの変更の際に、顧客情報まで含めた設定変更を、UIにて簡単に一括管理が可能なシステムとなっています。

日常的なシステムの運用・保守管理コストや人的コストの軽減が可能となり、収益性の向上や顧客満足も同時に図れるようなサービスです。

②R-PONシステム

支障移転等に、従来難しかったFTTHの冗長化を実現し、システム停止による損失大幅低減して顧客の信頼性の損出を防止いたします。

また、自然災害等の際の強靭化のみならず、頻繁に発生する支障移転や突発的事故時、光ケーブルのメンテナンス時にも対応しています。

③アドバンスシリーズ(既存HFCを有効活用)

現状の国内の通信インフラは急速にFTTHに向っており、顧客にも設備投資コストの増加が負担となっています。

しかし、早急なFTTH対応をしなくてもよい場合も多々あり、既存のHFC設備を維持や、段階的なFTTHマイグレーションを要望される顧客に対して、ニーズに対応した製品を提供して、ケーブルテレビ事業者の要望どおりの伝送路設計が可能な様に開発されています。

④FM告知放送システム

日常の地域情報から災害時などの緊急情報まで、同社提供の「FM告知放送システム」は、その要望に応えられるように様々な工夫がされています。

⑤デジタル放送用ヘッドエンド機器

4K8K放送にも対応した、各種デジタル放送用機器を豊富にラインアップし、設置工事まで一貫したサービスを提供しています

同種のセグメント別の売上構成は、トータル・インテグレーション56%、機器インテグレーション44 %です。

業績は、全国各地でのCATV局の光回線化工事の豊富な受注を着実に完工して売上の増加に寄与しており、通信用光ケーブル端末器も好調に推移しており、2四半期までの営業利益は想定額を超過しています。

また、後期は半導体不足の影響で通信機器の販売と工事に懸念残るものの、5月発表の21年12月期の会社上方修正計画は保守的との観測もあります。

また今期は記念配当を含め年間配当金は15円を予定しています。

CATV局の光ファイバー敷設の積極的な投資は峠を越えており、今後は通信機器類の販売に重点を移し通信の高速化への対応を強化して行く予定です。

また、新たな市場開拓を模索した次世代の高速通信機器の製造で海外企業と提携を検討している模索です。

21年12月期営業利益は前期比10%増の8億4000万円を見込むが、会社四季報を即では10億5千万円となっており、さらに22年度は11億5千万園に増額される予想です。

また、売上高営業利益率も7.12%、ROEは15.76%と目安の10%を大きく上回っており、稼ぐ力の強い企業であるとも言えます。

7月16日の終値は1,116円ですが、22年度のEPSで計算したPERはわずか5.1倍であり、PBRも1.1倍で割安感が相当に強いと感じています。

シンクレイヤ6カ月一目均衡表&MACD

4月30日に、今年度12月決算の第二四半期における業績上方修正の発表を受けて、株価は

連休明けの5月6日はストップ高、翌日からも急騰して、5月31日には1339円の高値を一時付けました。

その後は、高値からじわじわと調整を続けて、一目均衡表の抵抗帯(雲)の下限にサポートされる形で、7月2日には直近の安値1014円を付けています。

そして、株価は現在回復傾向にあり抵抗帯の中に位置していますが、7月12日には基準線の上に上昇して同日にはMACDが上昇に転じてクロスしています。

明確にトレンド転換するには、まずは抵抗帯の上を目指す動きが必要ですが、株価の割安度が非常に強く、高値からの調整局面も十分にこなしている事から早晩5月の高値を更新して新値を付けて来るものと感じております。

最新情報をチェックしよう!
>Sharepro-シェアプロ-

Sharepro-シェアプロ-

①数多くの失敗の経験を”聞いて”学べる環境
②資金調達方法や資産管理 資産形成など 正しい金融知識を学べる環境
③税金関係や法律などこれから生きる上で 絶対に抑えておきたいポイントを学べる環境
④お金の作り方 生み出し方 稼ぎ方の視野を増やす 情報を収集できる学べる環境
⑤ストレスフリーに最高の人生を過ごすための メンタル管理術を学べる環境

シェアプロには以上の全てが詰まってます。

CTR IMG